天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』

ひむか共和国の話題

諸塚からのしいたけ便り、春

Posted on 2015-04-30

0IMG_2581

「美しい」としか言いようが無い。震災の影響で風評被害を被って国産しいたけの価格は長く下がっています。少しずつ回復の兆しが見え始めたとはいえ、まだまだ厳しい状態が続いています。

そんな中、淡々と丁寧に美しい椎茸をつくり続ける日與川さんご夫妻を秋から春にかけて取材しました。心温まる穏やかな交流の中で感じたこと、それは多くの人にこの『香信』の美しさと、それを育む人、そして諸塚の山の素晴らしさを知って欲しいということ。そして、日本中の人が日本の干し椎茸をもっと食べて欲しいということ、それは日本の山を、暮らしを守ることにつながるかもしれないから。

0IMG_8538

去年の秋に伐採されたくぬ木の原木を山で枯らし、年明けに長さを揃える『玉切り』。重い原木を一か所に集めてくるのは大変な作業。

0IMG_2692

『こま打ち』は原木に椎茸の菌を植え付ける作業、ドリルで穴をあけ、カナヅチで種ごまを打ち込む。

0IMG_2647

0IMG_2620

0IMG_2682

こま打ちを終えた原木は、松林に『伏せ込み』二夏を過ごす。この間に菌が原木全体にまわって、ほた木となる。

0IMG_2663

伏せ込みから2回目の秋には、いよいよ椎茸が発生しはじめる。ほた木をハウスに入れて、ちょうど良い大きさに育った頃を見計らって大切に収穫していく。

0IMG_2511

0IMG_2526

干し椎茸にするための室。乾燥には機械も使うが、仕上げはやっぱり薪を使ったこの室で行う。絶妙な温度でじっくり乾燥させる。

0IMG_2602

出来上がった『香信』。カサの丸まった『どんこ』と違って香信は、程良く開いた状態のものを言う。美しく質の揃った香信をこれだけ揃えるのは数々の賞に輝いたプロならではの為せる技。

0IMG_2542

0IMG_2728

長さを揃えるために切られた原木の切れ端は日與川さんの丁寧さと椎茸に対する愛情の現れです。照れ屋の日與川さんご夫妻に「ありがとうございました。」と告げて山をおりました。

0IMG_2727

RSS Feed  Posted in ひむか共和国の話題 | Comments Closed

Related Posts