天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』

ひむか共和国の話題

粉と水と塩で幸せ

Posted on 2015-04-16

0IMG_3904

3月のある日、五ヶ瀬町鞍岡のパン屋さんを訪ねました。約束の時間に間に合うように延岡を出発した僕に、スタッフからメッセージが・・・

「雪が降っているので、チェーンがないと危ないかも・・・」

と、ラクルさんから連絡がありました。

「ま、行けるところまで行ってみる。」

そんな寒い日の取材でした。

0IMG_4007

五ヶ瀬、鞍岡は祇園山の麓、盆地のような集落。古代の地層を通って湧き出す妙見神水と小麦粉と塩をつぎ足しつぎ足し育てた酵母(上写真)を使って焼かれるパンがある。酵房樂流(ラクル)。

0IMG_4437
関東生まれの佐藤暢晃さん、利律子さんの二人は、沖縄で出会った。琉球ガラス職人と織物作家はその後、加計呂麻島に渡ってパン屋を開いた。そして二年前、利律子さんのご両親が県北、鹿川に移住していた縁で、この鞍岡に移って来た。家を借り、敷地に暢晃さんは樂流の建物を自力で建て、窯を築いた。時間をかけて酵母を育て、薪を集め、野菜をつくってきた。月曜から水曜までは、創作や薪集めに充て、木曜から日曜までパンとピザを焼く。「昔からある自然な作り方で、まるで、田舎のおばちゃん達が味噌や漬物を作るように・・そんなパンやピザを作りたいんです」と暢晃さん。

0IMG_3912

0IMG_4200

0IMG_3946

0IMG_3965

0IMG_3984

0IMG_4153

0IMG_4057

0IMG_4128

0IMG_4134

0IMG_4112

0IMG_4118

利律子さんは、店の手伝いをしながら、綿や麻の他、和紙を細かく裂いて糸を紡いで機を織る。着物の反物、帯、ショールは緻密にくり返す模様が美しい。今は四月の東京での個展に向けて作品を作っている。細かい糸が縦と横に組み合って一筋ずつ織り成されているその織物を見ていると、二人の暮らしと重なって見えてくる。

0IMG_4016

0IMG_4037

0IMG_4168

時間と手間をかけて積み重ねていく事の美しさ。早い事、便利な事が決して良い事とは限らない。余分な物をしょい込まず、本当に必要なものを大切に育てていく意味と楽しさを二人は食べ物と織り物で表現しているよう。
樂流という店の名は、そういう暮らしを流れるように楽しむという意味。写真に焼きついた二人の笑顔が何よりもそれを物語っていた。

RSS Feed  Posted in ひむか共和国の話題 | Comments Closed

Related Posts