天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』

ひむか共和国の話題

北郷の昼下がり

Posted on 2015-01-12

IMG_6029

ある昼下がり、大阪からのIターン者で炭焼きを営む柄さんの家に子育て中のお母さんたちが集まっていた。皆、県外から北郷に移り住んだ家族ばかり。この日は共同で栽培した大豆の収穫日。ついでに手作りのパンやお菓子で一緒に昼食。
子どもたちは寒空の田んぼに駆け出して遊ぶ。お母さんたちは思い思いにお茶を飲んだり、編み物をしたりしながら会話している。田舎ならではの、オーガニックな暮らしを心から楽しんでいる様子。ゆったりと暮らし、おおらかに子どもたちが育っていくのだろう。

薪ストーブに当たりながら柄さんに話を聴く「地元の人たちが残してくれたこの環境と、この生活に心から感謝しているんです。ここでは、ひとつひとつの行動と生きていくことが直接つながっている。これからも北郷の暮らしと環境を残していきたいと思います。」

IMG_6028

IMG_6032

思い思いにくつろぐ昼下がり。

IMG_6039

収穫した大豆はみんなで味噌に仕込む。

IMG_6035

柄さんの窯場を覆う屋根の材料になる竹。

IMG_6040

柄さん家族が暮らす古民家。立派な造りの建物もこの地域の宝物だと柄さんは語った。

IMG_6055

IMG_6045

柄さん

IMG_6085

帰り道に、神奈川出身で大工の日比野さんを訪ねる。自分のペースで子どもたちに使ってもらえるような家具や遊具を作っていきたいと、語ってくれた。

IMG_6098

IMG_6086

IMG_6109
この田舎では、今まで見過ごされてきた何かが、新しい価値として見直されようとしている。それは実は普遍的で、しかも今の日本にあってはとても先進的な価値感なのではないかと思えて仕方ありませんでした。

RSS Feed  Posted in ひむか共和国の話題 | Comments Closed

Related Posts