天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』

ひむか共和国の話題

むすびカフェ『千人の蔵』

Posted on 2014-07-10

高千穂町  岩戸 五ヶ村

takachiho001

むすびカフェ『千人の蔵』は
おじいちゃんたちの夢の形でもある

「むすび」とは
人と人とをむすぶこと
昔と今とをむすぶこと
今と未来をむすぶこと
作る人と使う人をむすぶこと
作る人と食べる人をむすぶこと
つまり「暮らす」を
人の手から人の手へ
伝えていくこと

 

takachiho003

背の高い栴檀と杉の林に囲まれて石造りの蔵がしっとりと佇む。開け放たれた玄関から裏口へ、涼しい風が吹き抜けているのが目に見えるような清々しい空間。

takachiho004

takachiho007

この5月にオープンしたばかりの「むすびカフェ千人の蔵」運営するのは藤木哲朗さんと濱田典子さん。ふわりと優しく握られたおむすびと2種のカレー、手作りのスイーツにコーヒー、紅茶。シンプルなメニューを丁寧に提供してくれる。
この日はお菓子作りに協力してくれている小林菜美子さんが一歳の美心ちゃんをおんぶして、い草のパウンドケーキ作り。焼き上がったケーキに「ん、美味しそう」と笑う。

takachiho005

takachiho002

高千穂には『こびる』という文化がある。早朝からの長時間に及ぶ労働、山間部の不便な生活の中で村人たちが編み出した小さな幸せ。昼食の他に、仕事の手を休めて食べる軽食のこと、「小昼」と書く。藤木さんは地元の若者たちが立ち上げた『こびる研究会』のメンバーでもあり、食と農、手仕事、森や水との関わり、つまり暮らしを見つめることをライフワークにしてきた人だからこの場所でむすびカフェを開く事は自然な流れだったのだろう。しかし、ここに至るまでのドラマはもっと興味深い。
そもそも、この石造りの立派な蔵は元からここに建っていたものではない。2009年、隣町の日之影町から移築されたもの。さらに一段下がった広場に建つ民宿『神楽の館』、この大きな古民家も1996年から数年をかけてこの場所に移築されたものなのである。膨大な労力と費用をかけてその難事業を完成させたのは20年前、平均年齢六十歳だった9名、『五ヶ村村おこしグループ』のおじちゃんとおばちゃんたちだった。

takachiho006

五ヶ村は元々水が乏しく水田の少ない貧しい土地、大正時代に村人たちが土地を担保に借金をして取り組んだ溜め池事業も地質が悪いせいで水が溜まることなく失敗。借金だけが残り、多くの山が人手に渡るという苦い体験は払いきれない雲のように村人たちの心に残ってきたのかもしれない。実りや豊かさの象徴である石の蔵などとは縁遠い五ヶ村ではあったけれど、それだけに村人たちは助け合い、少しずつ田畑を開き、慎ましく生きてきたのである。
平成の時代に入り村に変化の時が来る。町営の温泉が五ヶ村に開業したのである。『五ヶ村村おこしグループ』の立ち上げからこの春まで代表を務めてきた工藤正任さんらはこの温泉を活用して村おこしを進めて行く覚悟を決める。農産物やだんごの販売、うどんなどの食事を提供しながら少しずつ村おこしは軌道に乗って行く。
その後、後継者不足、生活様式の変化で毎年『神楽宿』に選ばれた民家で夜通し舞い続けられてきた夜神楽の存続が難しくなった時、グループは隣町で明日にも解体、廃棄されようとしていた古民家を引き取る事を決める。メンバー個人の出資、借入れ、補助金などをかき集め、3年がかりで村の夜神楽の未来を託す事の出来る『神楽の館』は完成したのである。

六十歳から始めた村おこしは20年目を迎えた。工藤さんは八十歳を期に、グループ設立メンバー最年少であった佐藤光さんに代表を譲った。5年前に一口一万円の出資を募り『千人の蔵』を移築したのは、未来永劫に残るであろうこの石の建物が、千人の協力で建設され、この先もっと多くの人たちが集う場所であり続けてほしいと願ってのこと。
派手な事ではない、生まれた土地に寄り添って丁寧に暮らす、暮らし続ける幸せは着実に若い世代に受け継がれている。
「時代をこえてむすぶ、人と人をむすぶ」それが千人の蔵。

takachiho008

RSS Feed  Tags:
Posted in ひむか共和国の話題 | Comments Closed

Related Posts