天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』 天孫降臨ひむか共和国_情報誌『himuka』

ひむか共和国の話題

おいしい景色は美しい

Posted on 2014-11-02

五ヶ瀬〜高千穂〜日之影へ

ルート218を行く 絶景と秋の恵みにつつまれる小さな旅のレポートです。

0向山景色

map

酸っぱいブドウでフランス気分

0茶畑

熊本県から宮崎県北への小さな旅、その玄関口になるのが、阿蘇の東側に位置する県境の町五ヶ瀬町です。国道218号線で宮崎県に入ったらすぐに、五ヶ瀬ワイナリーを目指して左折します。しばらく行くと、そこは広大な高原の広がる桑野内地区。阿蘇も九州山地も同じ高さに見渡せて、ここが九州のど真ん中だということを感じることが出来る場所。秋の夕暮れにはきれいな夕陽が眺められる絶景ポイントでもあります。

今年の全国茶品評会で日本一の評価を得た『五ヶ瀬釜炒り茶』の茶畑がきれいな模様を織りなし、斜面に開かれた畑ではワインの原料になる小粒で可愛いブドウがたわわに実っていました。

0ぶどう

畑で収穫の準備をしていたお母さんに許可をもらって一粒食べてみると、酸っぱくてどこか懐かしい味。広々とした丘陵の眺めといい、爽やかな風といい、ん、なんだかフランスの田舎を旅している気分だぞ。

0ワイン

桑野内の最も見晴らしの良い場所に建つ五ヶ瀬ワイナリーではこの季節、できたてのワインが目にも美味しく出迎えてくれます。今夜の宿で飲む一本と、お土産にもう一本‥‥あ、時間はまだまだ午前中、夕陽を待っていたいけれど、それは次回の楽しみということで、さ、高千穂を目指して、一旦国道218号に戻り、一路東へ向かいます。

 

RSS Feed  Posted in ひむか共和国の話題 | Comments Closed

Related Posts